艦船を中心としたプラモデル、塗装済み完成品、フィギュア等、観賞用模型の企画・開発・卸売
製品一覧

W 1/700第二次大戦艦 プラモデル

W212 1/700 アメリカ海軍 駆逐艦 DD-605 コールドウェル

W212
1940年より竣工が始まった船首楼船型が特徴のベンソン級駆逐艦コールドウェルをリニューアル致します。 ・1/700スケール プラモデル ・洋上/フルハルモデル選択可能 ・新規パーツ:フルハル用船体、艦橋構造物、銃座、救命 …

W209 1/700 アメリカ海軍 軽巡洋艦 CL-89 マイアミ

W209
クリーブランドに続き、クリーブランド級軽巡洋艦後期型のマイアミをリニューアル致します。 クリーブランドとは異なる角型艦橋や構造物、マスト等の後期型専用パーツの他、新規にフルハル用船体、銃座等を追加しました。 ・1/700 …

W215 1/700 日本海軍 戦艦 大和 就役時

W215
戦艦大和の最終時に続き、1941年12月の竣工時を製品化します。基本形状は変わりませんが、舷窓閉鎖前の船体や艦橋背面、マスト等竣工時の特徴を精密に再現しました。46㎝三連装主砲3基に加え、艦橋前後と甲板中央脇にも15.5 …

W217 1/700 イギリス海軍 戦艦 ウォースパイト 1942

W217
第一次大戦で最新鋭艦として活躍したクイーン・エリザベス級戦艦も時代とともに近代化が必要となり、第一次改装を経て1930 年代半ばより第二次改装が行われました。1937年に工事が終了したウォースパイトは、先に改装されたマレ …

W208 「1/700 アメリカ海軍軽巡洋艦 CL-55 クリーブランド」

W208
クリーブランド級は第二次世界大戦中、最も多く建造された巡洋艦で27隻が完成しました。当初は、52隻もの建造計画がありましたが、9隻が軽空母インデペンデンス級として建造、最後期型が改良されファーゴ級になった事からも当時の代 …

W210「1/700 日本海軍 水上機母艦 能登呂」

W210
戦前を代表する水上機母艦「能登呂」は元来、大型給油艦のネームシップとして1920年に川崎造船所で竣工しましたが、老朽化した第一世代の水上機母艦「若宮」の代艦として1934年6月に水上機母艦に改装の上、佐世保鎮守府に編入さ …

W211「1/700 アメリカ海軍駆逐艦 DE-429 リヴァモア」

W211
「リヴァモア級」駆逐艦は、シムス級の改良型であるベンソン級に続く1500トン型駆逐艦です。 ベンソン級とは機関と煙突断面の形状が異なっていますが、寸法、性能ともにほぼ同じで、 基本的には同型艦です。 このクラスは1940 …

W201「1/700 日本海軍 戦艦 武蔵 レイテ沖海戦時」

W201
大和最終時に続き、武蔵の最後となった1944年レイテ沖海戦時の姿を1/700スケールで再現。 基本形状は大和と変わりませんが、識別点の艦橋背面や海底調査で判明した後部艦橋とを繋ぐ通路周辺の形状、電探室等、2015年の海底 …

W160SP「1/700 日本海軍 給兵艦 樫野 スペシャル」

W160SP
・「樫野」は大和型戦艦の46cm砲を運搬するために計画された給兵艦(砲塔運搬艦)として1940年7月に完成。 3つの巨大なハッチに超重量の46cm3連装砲2基分を載せ、一度に運ぶことが出来ました。 本艦は翌年10月から1 …

W200「1/700 日本海軍 戦艦 大和 最終時」

W200
日本海軍最後の戦艦、大和を完全新金型で再現。 今なお、多くの謎に包まれた大和の真実の姿を求め、最新の調査結果を含めて現在入手できる公式図面、資料を精査して設計しました。船殻のフレーム位置を基準に、舷窓に至るまで、全ての構 …

« 1 2 3 4 29 »

カテゴリー

アーカイブ

PAGETOP
Copyright © 株式会社ピットロード All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.