SPW72

1/700 日本海軍 駆逐艦 朝潮型 峯雲  (SPW72)

販売価格
¥3,000
在庫状態 : 入荷待ち

朝潮型は、白露型に続き合計10隻が建造された艦隊型大型駆逐艦で、以降の陽炎、夕雲型の基本となった型です。特型に準じた兵装を持ちながら、船体強度、復元性に重点をおいて再設計された本型は、基準排水量で2,000トンを超えた初の駆逐艦になりました。艦型は、シンプルな艦橋、低い中央部乾舷、特型並みの高い艦首乾舷等で、独特のシルエットが特徴でした。開戦前までに魚雷を九三式酸素魚雷に改め、また、初の探信儀(ソナー)を装備、水中索敵能力を備えた本型は、当時の列強各国の同種の艦に比し、魚雷発射のプラットホームに徹し、砲、雷装のバランスの取れた最強の艦でした。8番艦 峯雲は、1938年4月に竣工。1943年3月5日の戦没まで、ミッドウェー海戦、ガダルカナル島輸送作戦等において活躍しました。

・1/700 プラモデル
・洋上/フルハルモデル選択可能
・全長:約168mm
・1隻入り

・旗、旗竿のカラーエッチングパーツ(旗は手で曲げることによって風になびく様を再現できます)、艦名プレート付属。

・峯雲のエピソードを記した解説書付き(A4 1枚)

【画像は組み立て、塗装したものです】

パッケージサイズ(cm):13×29×3
重量:約130g

2020年4月出荷予定
本体価格:3,000円
JANコード:4986470065892

入荷待ち
SPW72SPW72SPW72SPW72