WB01NH

1/350 日本海軍 海防艦 鵜来型(三式投射機装備型)旗・艦名プレートエッチングパーツ付き  (WB01NH)

販売価格
¥4,200
在庫状態 : 入荷待ち

鵜来型海防艦は、占守型から始まった甲型海防艦系列の最終発展形です。ブロック工法によって建造した海防艦で量産性に優れながらも、それ以前の海防艦より爆雷兵装が強化さた優秀な艦で20隻が就役しました。艦底からのラインやシアー、フレアに直線を多用したのも特徴です。
戦後も同型艦4隻が海上保安庁の巡視船などとして活躍しました。

・フルハルモデル
・直線を多用した船体に、前部にシールド付き12㎝単装高角砲、後部にシールド無し12㎝連装高角砲を装備、艦尾に対潜兵装の三式爆雷投射機を16基装備した重武装な姿を再現。

・旗、旗竿のカラーエッチングパーツ(1/700大型艦用と共通)、艦名プレート(10mm×40mm)付属。
旗は手で曲げることによって風になびく様を再現できます。
・1隻入り
・全長:約224mm

【画像は製品を組み立て、塗装したものです】

パッケージサイズ(cm):13×29×3
重量:約150g

2020年7月出荷予定
本体価格:4,200円
JANコード:4986470066202

入荷待ち
WB01NHWB01NHWB01NHWB01NHWB01NHWB01NHWB01NHWB01NHWB01NH