SGK17 1/144 ドイツ陸軍 レオパルト2 A7+

SGK17 1/144 ドイツ陸軍 レオパルト2 A7+

|製品情報

現代のドイツ陸軍を代表する主力戦車であるレオパルト2はレオパルト1に代わり1979年より運用を開始しました。主砲はそれまでの105㎜砲から強力な120㎜滑腔砲を装備。また、砲塔は初期生産型A4までは前部が垂直の角型砲塔でしたが、A5より楔形の追加装甲を装備しています。
レオパルト2A7+は地雷防御力向上のため装甲を強化したA6Mの近代化改修型であり、車体側面にモジュール装甲を装着。また、砲塔上面にRWS(リモートウエポンシステム)を装備し、車内からの12.7mm機銃等の遠隔操作を可能としています。

【完全新金型】

・1/144スケールプラモデル
・A7+仕様の車体、砲塔を専用パーツで再現
・全長:76.5mm
・3両入り

パッケージサイズ(cm):16×26×4
重量:160g

2024年6月出荷予定

JAN: 4986470022178
税込 3,080円 (本体価格 2,800円)

【入荷待ち】

|ギャラリー

この記事をSNSでシェアする!