SN21 1/144 ロシア空軍 戦闘機 Su-57

SN21 1/144 ロシア空軍 戦闘機 Su-57

|製品情報

Su-57はロシア空軍における次期主力戦闘機開発計画である「戦術空軍向け将来戦闘複合体」計画によって開発された機体で、旧式化しつつあるMiG-29やSu-27の後継機となる第5世代戦闘機です。2002年にスホーイ案が採用され、本格的な開発が開始されました。当初2009年の初飛行を予定していたものの若干遅れ、2010年1月にスホーイ設計局名称「T-50」として初飛行を行いました。初飛行を行った機体の形状は、主翼の前縁は後退角、後縁に前進角を持つ大型テーパー翼を持ち、機体側面の角度と尾翼の角度は同一角を備えていました。
2017年、ロシア空軍により軍制式呼称がSu-57と決定されました。
 キットは、2017年にロシア空軍により軍制式名称をSu-57と決定されたことに伴い、金型を4号機以降の機体用に一部改修。塗装カラー図は4号機(T-50-4)、5号機(T-50-5R)用が付属しています。

【新価格再生産品】

・1/144スケールプラモデル  
・全長:141mm  
・1~9号機用のデカール付属   
・ディスプレイスタンド付属
・1機入り

パッケージサイズ(cm):16×26×4
重量:74g

【画像は製品を組み立て、塗装したものです】

2018年9月25日出荷
2019年10月24日再入荷
JAN: 4986470019765
税込 2,860円 (本体価格 2,600円)

2022年10月18日再生産分出荷
JAN: 4986470021577
税込 2,970円 (本体価格 2,700円)

|ギャラリー

この記事をSNSでシェアする!