SPS14 1/700 南太平洋海戦(CV-8 ホーネットVS日本海軍航空隊)

SPS14 1/700 南太平洋海戦(CV-8 ホーネットVS日本海軍航空隊)

|製品情報

1941年10月に就役した空母ホーネットは、1942年4月のドーリットル爆撃隊の日本本土空襲、6月のミッドウェー海戦に参加。その後、10月の南太平洋海戦にて日本海軍機動部隊の三度にわたる航空攻撃により大破・放棄。最後は駆逐艦秋雲、巻雲の攻撃により沈没しました。

日本海軍機動部隊の零戦二一型、九九艦爆、九七艦攻が空母ホーネットに攻撃をかけるワンシーンをイメージしたジオラマセットです。

・1/700 情景シリーズ

セット内容
・アメリカ海軍 空母 CV-8 ホーネット×1(全長:約360mm)
・零式艦上戦闘機二一型、九九式艦上爆撃機、九七式艦上攻撃機×各2機
・航空機用台座×6基 ・真ちゅう線×6本

・南太平洋の海上をイメージした情景ペーパーベース(290×185mm)2枚入り

【画像は製品を組み立て、塗装したものです】

パッケージサイズ(cm):42×21×7
重量:約600g

2021年3月3日出荷
JAN: 4986470067025
税込 6,600円 (本体価格 6,000円)

【売り切れ】
※次回の生産(再生産)の時期等につきましては、現在のところ未定となっております。

|ギャラリー

この記事をSNSでシェアする!