SPW32 1/700 日本海軍 白露型駆逐艦 春雨

SPW32 1/700 日本海軍 白露型駆逐艦 春雨

|製品情報

・プラスチックモデルキット(未組立/未塗装)
・製作時に洋上/フルハル選択可
・ロンドン軍縮条約の下で計画された初春型は竣工後、無理な設計が明らかになったため、建造は6隻で打ち切られました。その結果、後に日本駆逐艦の標準装備となる61cm4連装魚雷発射管を初めて採用するなど、設計を大幅に改めて10隻が作られたのが白露型です。
・「春雨」は、1937年に竣工した白露型の5番艦です。1943年1月には米海軍の潜水艦による雷撃を受けて自力航行が困難となり、天津風、浦風らに曳航されてトラック泊地に向かう途中で船体が断裂。工作船明石での応急処置の後、横須賀で本格的な修理を受けました。艦橋より前部分が喪失という状態から再生した春雨でしたが、その修理中に所属していた第2駆逐隊は解隊。第27駆逐隊に編入されるも、同年5月下旬、ミンダナオ島ダバオからビアク島へ向かう途中、米軍機の襲撃を受けて沈没しました。
・本キットではm角型艦橋を備えた白露型駆逐艦の前期建造艦(1942年時)を製作していただけます。自発装填装置付きの61cm4連装魚雷発射管や艦中央部の機銃台に装備した40mm単装機銃、第2煙突後部の探照灯台に設置されたループアンテナなど、白露型の特徴を再現しました。
・さらに今回の限定版には、新装備セットを同梱。より精密な模型を製作することができます。
・同型艦「五月雨」「夕立」用のデカール付き
・全長 約157mm
・1隻入り

JAN: 4986470049380
税込 3,300円 (本体価格 3,000円)

|ギャラリー

この記事をSNSでシェアする!